習近平氏きょう香港入り、中国本土から出るのは感染拡大後初めて

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【香港=吉田健一】英国から中国への香港返還25年の節目を控え、中国の 習近平シージンピン 国家主席が30日午後、香港を5年ぶりに訪問する。香港警察に近い複数の関係者が本紙に明らかにした。習氏が中国本土から出るのは、新型コロナウイルス感染が広がった2020年1月下旬以降初めてとなる。

抗原検査キットのネット販売、8月中にも解禁…陽性なら医療機関を受診
習近平国家主席(AP)
習近平国家主席(AP)

 関係者によると、習氏は30日午後、香港に隣接する広東省深セン市から、18年に開通した中国本土と香港を結ぶ高速鉄道で移動する。中国の国家主席が高速鉄道で香港入りするのは初めてで、本土と香港の一体化をアピールする狙いのようだ。

 習氏には 彭麗媛ポンリーユエン 夫人と、香港問題を担当する 韓正ハンジョン 筆頭副首相が同行。30日夜は、韓氏は香港に宿泊するが、習氏夫妻は、関連行事に出席した後、深センに戻る。

 習氏は返還記念式典当日の7月1日朝に再び香港入りし、演説で香港の「安定」を誇示する見通しだ。香港では連日1000人超の新型コロナ感染者が確認されており、習氏の感染防止を最優先した日程とみられる。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3127194 0 国際 2022/06/30 15:01:00 2022/07/01 00:01:02 2022/07/01 00:01:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220630-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)