習近平氏、高速鉄道で5年ぶり香港入り…コロナ拡大後に初めて本土外へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

6月30日、習氏が訪れた香港の西九竜駅の周辺を警戒する警官。「熱烈歓迎習近平主席」の横断幕がガードレールに掲げられていた(吉岡みゆき撮影)
6月30日、習氏が訪れた香港の西九竜駅の周辺を警戒する警官。「熱烈歓迎習近平主席」の横断幕がガードレールに掲げられていた(吉岡みゆき撮影)

 【香港=吉田健一】中国の 習近平シージンピン 国家主席が30日午後、香港に隣接の中国広東省深セン市から高速鉄道で香港を訪問した。習氏の香港訪問は5年ぶり。習氏が中国本土から出たのは、新型コロナウイルス感染が広がった2020年1月下旬以降、初めてとなる。

岐阜県で過去最多4725人コロナ感染、7日ぶりに更新

 習氏は7月1日午前、英国から中国への香港返還25年の記念式典と李家超・次期香港行政長官の就任式に出席する。

習近平・中国国家主席
習近平・中国国家主席

 習氏の訪問は30~7月1日の2日間。

 香港警察に近い関係者によると、習氏は香港には泊まらず、30日は香港政府高官や各界関係者らと面会した後、深センに戻って宿泊する。1日朝に再度香港入りし、記念式典に出席する。香港では連日1000人超の新型コロナ感染者が確認されており、習氏への感染防止を優先した措置だ。30日に予定されていた香港政府による歓迎夕食会も、新型コロナ対策を理由に取りやめになったという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3127501 0 国際 2022/06/30 16:23:00 2022/07/01 00:05:53 2022/07/01 00:05:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220630-OYT1I50171-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)