コペンハーゲンのモールで発砲、3人死亡…首相「明るい夏が残酷に引き裂かれた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3日、コペンハーゲンで、銃撃事件があったショッピングモールから逃れる人々(AP)
3日、コペンハーゲンで、銃撃事件があったショッピングモールから逃れる人々(AP)

 【ロンドン=工藤彩香】デンマークの首都コペンハーゲンのショッピングモールで3日、銃撃事件があり、3人が死亡、複数の人が重傷を負った。警察当局はデンマーク人の男(22)を逮捕し、殺人容疑で訴追したと発表した。動機などを調べている。

 警察当局は3日夜の記者会見で、「テロの可能性を否定できない」と述べた。容疑者は単独犯とみられ、ライフルと弾薬を所持していた。地元メディアは目撃者の話として、ライフルを担いでモール内を歩いていた男が突然、群衆に向けて発砲したと伝えた。

 メッテ・フレデリクセン首相は事件後の声明で、「始まったばかりの明るい夏が残酷にも引き裂かれてしまった」と犠牲者に哀悼の意を示した。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3137804 0 国際 2022/07/04 11:00:00 2022/07/04 11:00:00 2022/07/04 11:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220704-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)