カーチェイスの末、警官8人が黒人男性に銃弾60発超を一斉発砲

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=村山誠】米オハイオ州アクロンで、交通違反の取り締まりを逃れようとした黒人男性が、警官から60発超の銃撃を受け、死亡する事件が起きた。地元警察は3日、警官のボディーカメラの映像を公開した。現地では、警官の対応が黒人への人種差別に基づくものだとして、抗議デモが行われた。

3日、米オハイオ州アクロンで、事件を受けてデモ行進する人々(AP)
3日、米オハイオ州アクロンで、事件を受けてデモ行進する人々(AP)

 地元警察の発表によると、事件が起きたのは6月27日。警官が、車を運転していたジェイランド・ウォーカーさん(25)に交通違反の疑いで停止を求めたが、ウォーカーさんは止まらず、警察車両とのカーチェイスとなった。警官は、車を捨てて逃げたウォーカーさんに対し、スタンガンで制止を試みたが失敗。現場にいた警官8人が一斉に発砲したという。

 警察は、「ウォーカーさんが車から発砲し、拳銃が車内から見つかった」と説明。警官8人全員を休職扱いとし、事件の詳細を調べている。

 米国では2020年、黒人男性が警官に首を押さえ付けられて死亡した事件を機に、「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切だ)」運動が広がり、世界各地にも波及した。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3140382 0 国際 2022/07/04 23:35:00 2022/07/05 09:49:32 2022/07/05 09:49:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220704-OYT1I50158-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)