オフィス設備の新規格、中国高官が策定実務…国ぐるみで中国国内での設計・開発求める

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国が、複合機などのオフィス設備を政府調達する際、中国国内での設計・開発を求めて新たに導入する国家規格を巡り、中国共産党中央や政府の高官が多数、メンバーとなった組織が実務的に策定を進めていることが、わかった。他の分野の国家規格よりも手厚い態勢で、国を挙げて国産化の実現や情報管理を重視している実態がうかがえる。

北京の天安門広場
北京の天安門広場

 関係者によると、中国の情報セキュリティー技術に関する国家規格を所管する「全国情報安全標準化技術委員会」(TC260)が、新規格の立案を担っており、国務院(中央政府)の下部組織である国家標準化管理委員会の指導を受けている。TC260のメンバーには 習近平シージンピン 国家主席の直轄でサイバーセキュリティー(インターネット社会の安全性)を所管する共産党中央インターネット安全・情報化委員会弁公室や、工業情報化省、公安省の幹部らが名を連ねる。

 さまざまな分野に及ぶ国家規格は、それぞれ専門の委員会が策定の実務を担当しているが、関係者によると、「TC260は委員数が約100人と多く、他分野に比べて党や政府関係者が多い」という。

 TC260は、データ、通信の安全やパスワード技術などに関する七つの作業部会で構成され、印刷やスキャンなど複数の機能を備える複合機を含むオフィス設備に関する新規格は、「情報セキュリティー評価」の作業部会が担当している。

残り:274文字/全文:963文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3140614 0 国際 2022/07/05 05:00:00 2022/07/05 05:00:00 2022/07/05 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220705-OYT1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)