ウクライナ復興会議、「ルガノ宣言」採択し閉幕…復興費用に踏み込まず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ルガノ(スイス南部)=森井雄一】スイス南部ルガノで開かれていた「ウクライナ復興会議」が5日、閉幕した。ウクライナが主導的に復興に取り組むことなどを盛り込んだ「ルガノ宣言」を採択し、参加した欧米や日本など約40か国が協力することを確認した。

クリミア軍用飛行場の爆発、ウクライナのパルチザン関与説…ロシア側は「事故」と強調
スイスで開かれたウクライナ復興会議(5日)=AP
スイスで開かれたウクライナ復興会議(5日)=AP

 宣言では、ウクライナ主導での復興推進のほか、復興のために集められる資金の使い道の透明性を確保することなどを、ウクライナ復興の原則とした。支援国が資金提供しやすい環境を整えることに重点を置いた内容だ。

 ウクライナのデニス・シュミハリ首相は4日の会議で、復興計画に7500億ドル(約100兆円)が必要と訴えた。だが、ロシアによる侵略が継続していることに加え、積算の根拠が不明確なことなどもあり、閉幕式では、復興費用や具体的な支援内容への言及はなかった。

 日本から参加した鈴木貴子外務副大臣は、戦後の経済発展や東日本大震災からの復興などの経験を踏まえ、「ウクライナも目覚ましい復興が可能だと確信している。経験を生かし、(ウクライナの復興に)積極的に貢献する」と述べた。

 2日間の会議では、ウクライナの復興に向けて参加国が支援を続けていくことでは一致したが、多額に上るとみられる資金の確保については、難航が予想されることから積極的な発言や提案はなかった。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3142883 0 国際 2022/07/05 18:48:00 2022/07/06 00:40:52 2022/07/06 00:40:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220705-OYT1I50126-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)