北への先制打撃や迎撃・報復…韓国軍に対北統括組織「戦略司令部」、24年にも創設

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=上杉洋司】韓国国防省は6日、北朝鮮の核・ミサイル攻撃に対応するため、北朝鮮への先制打撃やミサイル防衛を統括する「戦略司令部」を創設すると発表した。韓国メディアによると来年、計画を策定し、2024年の創設を目指す。韓国独自の防衛力を抜本的に強化する狙いがある。

 韓国軍は、〈1〉北朝鮮のミサイル攻撃を察知して先制打撃を加える「キル・チェーン」〈2〉発射されたミサイルを迎撃する「韓国型ミサイル防衛」〈3〉攻撃を受けた場合に、北朝鮮指導部などに対する大規模な報復攻撃を行う「大量反撃報復」――の三つの能力を柱とする「3軸体系」と呼ぶ独自の防衛体制をとっている。

 各軍を横断的に統括する戦略司令部を新たに作ることで、近年、ミサイルの性能向上を図る北朝鮮軍に対する抑止力と即応能力を強化する方針だ。

  尹錫悦ユンソンニョル 大統領は6日、陸海空軍本部がある中部・忠清南道の 鶏龍台ケリョンデ で全軍主要指揮官会議を開いた。

 会議で尹氏は、米国の核の傘による「拡大抑止」に基づく防衛能力に加えて、「韓国軍が独自に、北朝鮮の核・ミサイルの脅威を圧倒できる能力を持たなければいけない」と強調。3軸体系の強化や戦略司令部の創設について軍幹部らと議論した。

 尹氏は今年3月の大統領選で、北朝鮮のミサイル能力について「迎撃は事実上不可能で、先制打撃でしか防げない」と述べ、先制打撃能力の保有が必要だと主張した。対北融和を最優先に掲げた 文在寅ムンジェイン 前政権の政策を転換する姿勢を打ち出した。北朝鮮は今年に入り、大陸間弾道ミサイル(ICBM)のほか、変則軌道で飛行するイスカンデル型や極超音速と主張するミサイルなど迎撃が困難な兵器を繰り返し発射している。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3146867 0 国際 2022/07/07 05:00:00 2022/07/07 10:40:21 2022/07/07 10:40:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220707-OYT1I50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)