ロシア軍がドネツク州で攻勢、死傷者80人以上か…市長非難「クラスター爆弾使用」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【キーウ=安田信介】ロシア軍は、ウクライナ東部ドネツク州で攻勢を強め、主要都市スラビャンスクの市長は6日、連日の攻撃による死傷者が80人以上に達したと明らかにした。市長はまた、露軍が国際条約で使用が禁じられているクラスター爆弾を使用していると非難した。

【随時更新】ロシア軍、ウクライナを侵略…最新ニュース・速報まとめ
6日、ウクライナ東部ドネツク州で、砲撃により上がる黒煙(ロイター)
6日、ウクライナ東部ドネツク州で、砲撃により上がる黒煙(ロイター)

 5日には、民間人が多く集まる市場付近や住宅地がロケット弾などによる攻撃を受けた。水道の供給は止まり、市の約3分の1の地域で停電している。市内には現在も約2万3000人が残っており、市長は住民に速やかな退避を呼びかけている。ロシアが侵略する前の同市の人口は約11万人だった。

 露軍はドネツク州に隣接するルハンスク州を制圧しており、英国防省情報機関は6日、露軍がスラビャンスクを次の標的にしているとの分析を示した。露軍は市の北方約16キロ・メートルまで迫っているとみられる。

 露軍は6日、米軍が6月下旬に供与したばかりの高機動ロケット砲システム(HIMARS)2基を破壊したと発表した。東部の地上戦で劣勢のウクライナ軍は、米軍供与の重火器が戦力を大きく左右する。動画も公開されたが、ウクライナ軍は声明で「事実に沿わないメッセージであり、全くの偽情報だ」と否定した。

 一方、ウクライナの国連大使は6日のツイッターで、露軍が侵略開始時に掲げたウクライナの「非ナチ化」について、ロシアが11日の国連安全保障理事会のメンバーなどによる非公式会合で議論することを求めていると明らかにした。「非ナチ化」は、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー政権の転覆を意味する。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3147557 0 国際 2022/07/07 11:10:00 2022/07/07 12:24:22 2022/07/07 12:24:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220707-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)