ザポリージャ原発で火災、送電線損傷か…占拠するロシア軍とウクライナ軍「相手が砲撃」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 タス通信は5日、ウクライナ南部のザポリージャ原子力発電所で火災が発生し、送電線が損傷したと報じた。原発を占拠するロシア軍と、近隣に拠点を維持するウクライナ軍の双方が、「相手が砲撃を仕掛けてきた」と非難しあっている。

【随時更新】ロシア軍、ウクライナを侵略…最新ニュース・速報まとめ
ウクライナ南東部のザポリージャ原発=AP
ウクライナ南東部のザポリージャ原発=AP

 ロイター通信によると、原発の運転を担うウクライナの国営原子力企業「エネルゴアトム」は「原発は稼働を続けており、放射線量の上昇は見られない」と発表した。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3233447 0 国際 2022/08/06 00:57:00 2022/08/06 00:57:00 2022/08/06 00:57:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/08/20220806-OYT1I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)