ウォーレン氏、民主候補争いから撤退…バイデン氏・サンダース氏の一騎打ちに

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】米大統領選の民主党指名候補争いを巡り、エリザベス・ウォーレン上院議員(70)は5日、地元の東部マサチューセッツ州で記者会見を開き、選挙戦からの撤退を表明した。指名争いは、ジョー・バイデン前副大統領(77)とバーニー・サンダース上院議員(78)の一騎打ちの構図が固まった。

 ウォーレン氏は会見で、「サンダース氏に代表される革新路線と、バイデン氏に代表される穏健路線だけにとらわれない道があると信じてやってきたが、私が及ばなかった」と語り、独自色を発揮しきれなかったことを敗因に挙げた。

 ウォーレン氏は急進左派の政策通として知られ、一時は世論調査の支持率でトップに立った。ただ、主要な政策はサンダース氏と重なり、サンダース氏の勢いが増す中で最近は支持率が低迷していた。

 会見では、バイデン、サンダース両氏のどちらを今後支持するのかについて、「もう少し考える時間が必要だ」と述べ、立場を明言しなかった。

無断転載・複製を禁じます
1089782 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/03/06 01:37:00 2020/07/30 16:07:39 2020/07/30 16:07:39

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ