読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

バイデン研究<下>協調主義の「外交通」 判断に批判も 対中観は見えず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ジョー・バイデン前副大統領(77)は外交政策通を自任する。選挙戦では「ドナルド・トランプの『米国第一』が米国を孤立させた」とトランプ政権の外交を批判し、米国の指導力回復を訴えている。

 米誌フォーリン・アフェアーズ3・4月号に掲載されたバイデン氏の論文「なぜ米国は再び指導力を発揮すべきか」には、政権を奪還した後に目指す外交の骨格が示されている。

2013年12月、日本の首相官邸を訪れ、安倍首相(右)と握手を交わすバイデン氏
2013年12月、日本の首相官邸を訪れ、安倍首相(右)と握手を交わすバイデン氏

 最大の柱は国際協調主義への回帰だ。トランプ外交について「同盟国やパートナーとの関係を損ない、時に見捨てた」と断罪した上で、「私は米国の民主主義と同盟関係を刷新し、再び米国が主導する世界を実現する」と宣言している。

 オバマ前大統領が署名し、トランプ氏が離脱した国際合意の中で、地球温暖化の国際的枠組み「パリ協定」については復帰を明言し、イラン核合意についても再交渉に意欲を示した。

      ★  ☆  ☆

 バイデン氏は36年間の上院議員時代、外交委員会に長く所属した。旧ソ連や欧州との外交に深く関わり、冷戦後は東欧諸国の北大西洋条約機構(NATO)加盟を後押しした。歴代政権の外交政策に影響力を及ぼし、各国首脳との議員外交にも力を注いだ。

 オバマ氏はバイデン氏の外交能力を高く評価していた。バイデン氏を副大統領候補に選んだ理由の一つとして「外交政策の専門家」だからだと語っている。

 異なる評価もある。世界が賛同した1991年の湾岸戦争開戦に反対したことや、2011年に米同時テロ首謀者ウサマ・ビンラーディンの殺害作戦に慎重姿勢を示したことなどは度々批判の的になってきた。オバマ政権で国防長官だったロバート・ゲーツ氏(76)は14年出版の回顧録で「40年間にわたりほぼ全ての重要な外交・安保問題で誤りを犯してきた」とバイデン氏の外交センスを酷評した。

      ☆  ★  ☆

 副大統領時代にはオバマ氏に代わり、アジア各国を歴訪することもあった。日本との関係、特に安倍首相との間には因縁がある。13年12月の日本、中国、韓国歴訪の際のことだ。

 首相の靖国神社参拝がささやかれていた当時、バイデン氏は日本で首相と会談した後、韓国の朴槿恵パククネ大統領(当時)に「首相は参拝しないと思う」と伝えた。しかし、首相は直後に参拝し、米国務省は「失望している」とする異例の声明を発表した。

 複数の外交筋の証言によると、「失望」という強い言葉を入れるようこだわったのはバイデン氏だったという。首相から参拝しないとの言質はとれていなかったが、結果的にメンツをつぶされたことに怒ったとの見方がある。

      ☆  ☆  ★

 日本としては、バイデン氏の対中政策も気になるところだ。オバマ政権は気候変動対策などでの協調を重視するあまり、中国の強引な海洋進出などに弱腰だったと指摘される。バイデン氏自身も昨年5月に「中国は競争相手ではない」と発言し、トランプ氏から「中国に甘い」と攻撃された。

 オバマ政権で駐中国大使を務めた中国系米国人のゲーリー・ロック氏(70)=写真、ロイター=は、バイデン氏の対中姿勢を擁護し、「人権問題や知的財産保護、報道の自由を議題にするのを避けなかったが、あくまでも敬意を示しながらなので相手はそれに感謝してきた」と語った。

 トランプ政権下で様変わりした米中関係にどう対応するのか。バイデン外交の全体像はまだ見えない。

(この連載は、ワシントン支局 海谷道隆、横堀裕也、蒔田一彦が担当しました)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1237545 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/05/24 05:00:00 2020/10/21 17:01:04 U.S. Commerce Secretary Gary Locke speaks during a meeting in Hangzhou, Zhejiang province, in this October 28, 2009 file picture. The U.S. Senate on July 27, 2011 confirmed former Commerce Secretary Locke as ambassador to China, sending to Beijing an envoy who has said he would press for greater access to Chinese markets.  REUTERS/Aly Song/Files (CHINA - Tags: POLITICS BUSINESS)※顔写真用。米国の駐中国大使に就任するゲーリー・ロック氏(ロイター) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200523-OYT1I50078-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)