バイデン氏、「メイド・イン・アメリカ税制」案発表…米企業の国内回帰を後押し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】米大統領選の民主党候補ジョー・バイデン前副大統領は9日、米企業の国内回帰を後押しする税制案を発表した。米国内で製造業の事業環境の改善や雇用増を促し、労働者層からの支持拡大を図る。

 税制案は「メイド・イン・アメリカ税制」と名付けられ、バイデン氏は同日、自動車産業など製造業が盛んなミシガン州での演説で、「我々は産業基盤を再び活性化することができる」と訴えた。連邦法人税率を現行の21%から28%に引き上げたうえで、米企業が海外生産品の販売で米国内で得た利益に対してはさらに1割上乗せした30・8%を課税する内容だ。反面、米国内での設備投資や雇用増を進めた企業には、関連費用の税控除を認める。

 トランプ大統領も企業の米国回帰を訴え、中国から製造拠点を米国に移転した企業の税を優遇する政策を掲げている。大統領選に向け、労働者重視の政策を競い合う構図が強まっている。

無断転載・複製を禁じます
1466753 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/09/10 10:32:00 2020/09/10 12:26:23

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ