「中露ハッカー集団、トランプ氏とバイデン氏の陣営にサイバー攻撃」…米MS発表

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=橋本潤也】米マイクロソフト(MS)は10日、ロシアや中国、イランに関係するハッカー集団が、11月の米大統領選の候補者であるトランプ大統領とジョー・バイデン前副大統領の陣営関係者に対し、サイバー攻撃を行っていたと発表した。

 発表によると、「ストロンチウム」と呼ばれるロシアのハッカー集団が政治コンサルタントや米政策研究機関など、200以上の組織の関係者のメールアカウントに侵入を試みた。中国の集団は、バイデン陣営関係者やトランプ政権の元関係者を攻撃した。イランの集団もホワイトハウス関係者やトランプ陣営スタッフにサイバー攻撃を仕掛けたが、失敗に終わった。

 ストロンチウムはロシア軍参謀本部情報総局(GRU)傘下のハッカー集団で、「APT28」や「ファンシーベア」との呼称も持つ。2016年の米大統領選で民主党のクリントン候補陣営のメールを入手し、暴露したことでも知られる。

無断転載・複製を禁じます
1471245 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/09/11 20:21:00 2020/09/11 20:44:53

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ