読売新聞オンライン

メニュー

トランプ氏 外交デビュー 同盟重視アピール狙い…安倍首相と会談

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=黒見周平】政治経験ゼロで米国の国益を最優先する姿勢を打ち出すドナルド・トランプ次期米大統領が17日、世界の注目が集まる中、安倍首相との会談で外交デビューを果たした。安倍首相から「信頼できる指導者」と評価されたことで、トランプ氏の外交能力に対する不安が今後、国際的に和らいでいくかどうか注目される。

 会談について米CNNテレビ(電子版)が「トランプ氏が外国首脳と初の直接会談」と報じたほか、ロイターやAFPが速報した。

 トランプ氏にとって、自身が「共に信頼関係を築いていくことができる」パートナーであることを安倍首相を通じて世界に発信できた意味は大きい。

 日本を含めた同盟関係を重視することを各国にアピールし、現実路線に軌道修正する狙いもあったとみられる。

 トランプ氏は選挙中、日本が在日駐留米軍経費の負担を大幅に引き上げなければ、撤退を検討する厳しい方針を示していた。対外関係見直しの象徴的な存在だった日本との早期会談は、アジアや欧州の同盟諸国に対しても安心感を与える好機と考えた可能性がある。

 ただ、関係筋によると、トランプ氏側は日本側との会談の調整で、トランプ氏の発言が公表されることに神経をとがらせたという。安倍首相が通訳だけを同席させたのもトランプ氏側の要請を受けたためだった。トランプ氏の政策に関する知識不足や政権移行の事務作業の遅れが露呈するのを避ける考えがあったようだ。

就任前の異例会談 首相、不安払拭図る

 【ニューヨーク=八角一紀】安倍首相は17日(日本時間18日)、各国首脳の先陣を切る形で米国のトランプ次期大統領と会談した。トランプ政権発足を控えて同盟関係の行方に不透明感が漂う中、個人的信頼関係をいち早く構築することで不安払拭を図った。

 会談はトランプ氏の「外交デビュー」となったため、世界中の注目を集め、トランプ・タワーは各国の報道陣でごった返した。首相は会談後、「まさに今、人事で大変お忙しい時に、時間を割いていただいた」と記者団に述べ、予定の倍の1時間半に及んだ会談を満足げに振り返った。「信頼」という言葉を4回繰り返し、手応えを隠そうとしなかった。外務省幹部は「首相はトランプ氏と馬が合う」と語った。

 ただ、首相は会談内容の詳細を明かさなかった。「トランプ氏と突っ込んだやり取りをすると現在のオバマ政権に失礼にあたる」(首相官邸筋)との事情もあった。

 日本政府は、首相とトランプ氏の個人的関係に加え、トランプ氏の政権移行チームとのパイプ作りを急いでいる。河井克行首相補佐官や秋葉剛男外務審議官が相次いで訪米したのに加え、18日には岸田外相がニューヨーク入りし、関係者と会談する予定だ。

首相会見の要旨

 安倍首相がドナルド・トランプ次期米大統領との会談後、記者団に答えた会見の要旨は次の通り。

 【信頼関係】(新政権の)人事で忙しい時に時間を割いてもらった。2人で本当にゆっくりと、じっくりと胸襟を開いて率直な話ができたと思う。大変、温かい雰囲気の中で会談を行うことができた。共に信頼関係を築いていくことができると確信の持てる会談だった。

 【会談内容】様々な課題について、私の基本的な考え方について話をした。(トランプ氏は)まだ正式に大統領に就任しておらず、非公式の会談であることから、会談の中身(を明らかにすること)は差し控えたいと思う。2人の都合の良い時に再び会って、より広い範囲(の課題)についてより深く話をしようということで一致した。

 【日米同盟】(会談内容の)個別具体的なことは答えられないが、同盟というのは信頼がなければ機能しない。トランプ次期大統領は、まさに信頼することができる指導者であると確信した。

無断転載・複製を禁じます
1517477 0 アメリカ大統領選挙2020 2016/11/18 14:00:00 2016/11/18 14:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)