読売新聞オンライン

メニュー

首相、トランプ氏と会談「信頼築けると確信」…外国首脳で初 1時間半

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=田島大志】安倍首相は17日夕(日本時間18日朝)、米ニューヨークでドナルド・トランプ次期大統領と会談した。首相は日米同盟や環太平洋経済連携協定(TPP)をはじめとした自由貿易体制の重要性を訴えたとみられる。首相は会談後、「信頼関係を築いていくことができると確信の持てる会談だった」と記者団に語り、再会談することで一致したことを明らかにした。

 トランプ氏が大統領選で勝利後、外国の首脳と会談するのは初めて。日本の首相が、就任前の次期米大統領と会談するのも極めて異例だ。会談はマンハッタンのトランプ・タワーにあるトランプ氏の自宅で、当初予定した45分間から延長され約1時間半行われた。首相は通訳だけを同席させた。トランプ氏側は大統領補佐官(国家安全保障担当)就任が有力視されているマイケル・フリン元国防情報局長官、トランプ氏の長女イバンカ氏、イバンカ氏の夫ジャレッド・クシュナー氏が同席した。

 首相は今回の会談を通して、個人的信頼関係の構築や日米同盟の重要性確認に主眼を置いていた。会談後、首相は「2人でゆっくりと、じっくりと胸襟を開いて率直な話ができた」と記者団に強調した。会談の具体的な内容については、「(トランプ氏は)まだ正式に大統領に就任していない。非公式の会談だ」として明らかにしなかったが、「私の基本的な考え方、様々な課題について話をした」と述べた。

 トランプ氏は大統領選中、TPP離脱に加え、米軍駐留費の負担増を日本に要求する考えを掲げた。日米同盟について、首相は「同盟というのは信頼がなければ機能しない。トランプ次期大統領はまさに信頼できる指導者だと確信した」と述べ、重要性に一定の理解が得られたことを示唆した。その上で、「都合のいい時に再び会って、より広い範囲について深い話をしようということで一致した」ことを明らかにした。

 会談後、首相はゴルフのドライバー、トランプ氏はゴルフウェアをそれぞれ贈ったという。

 首相は18日午前(日本時間18日夜)、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席するためペルーに向けて出発。19日(同20日)にはロシアのプーチン大統領と会談する予定だ。

トランプ氏FB投稿「友人関係 喜ばしい」

 トランプ氏は会談後、自身のフェイスブックに「安倍首相に我が家に立ち寄ってもらい、素晴らしい友人関係を始められたことは喜ばしい」と投稿し、首相と並んで笑顔を見せる写真を掲載した。

 ◆首相会見のポイント

 ▽都合の良い時期に再び会談することで一致した。

 ▽胸襟を開いて率直に話し、共に信頼関係が築けると確信した。様々な課題で(首相の)基本的な考え方を話したが、中身は明らかにしない。

 ▽日米同盟は信頼がなければ機能しない。トランプ氏は信頼できる指導者だと確信した。

無断転載・複製を禁じます
1517479 0 アメリカ大統領選挙2020 2016/11/18 14:00:00 2016/11/18 14:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)