150人密集して座り握手や抱擁も…米政権感染者が複数出席、最高裁判事の指名発表会見

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=海谷道隆】新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領の周辺で、新たな感染者が3日、判明した。感染防止策を軽視してきたトランプ氏やホワイトハウスへの批判がさらに強まるとみられる。

 新たに感染がわかったのは、トランプ氏の助言役として知られるクリス・クリスティー前ニュージャージー州知事だ。ツイッターで感染の事実を公表し、「医師と相談した結果、入院することにした」と述べた。

 クリスティー氏は9月26日、ホワイトハウスの中庭で開かれた最高裁判事指名発表の記者会見に出席した。出席者約150人は密集して座り、クリスティー氏を含めて大半がマスクを着けていなかった。握手や抱擁を交わす姿も見られた。ケリーアン・コンウェイ前大統領顧問ら複数の出席者の感染がすでに判明している。

無断転載・複製を禁じます
1521583 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/10/04 22:57:00 2020/10/04 23:18:45

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ