トランプ氏酸素吸入の有無は?…医師「今は行っていない」・「ホワイトハウスで」の報道も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3日、米ワシントン郊外の医療施設でトランプ大統領の体調について記者団に語る主治医のコンリー氏(右手前)=ロイター
3日、米ワシントン郊外の医療施設でトランプ大統領の体調について記者団に語る主治医のコンリー氏(右手前)=ロイター

 【ワシントン=海谷道隆】新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領の健康状態を巡り、政権が発信する情報が混乱している。酸素吸入の有無を明らかにせず、感染判明の時期についても矛盾を露呈した。トランプ氏の「良好」な体調を強調する政権の公式発表は説明不足が否めない。

 トランプ氏の主治医ショーン・コンリー氏ら医師団は3日午前、トランプ氏の入院先であるウォルター・リード軍医療センター前で記者会見を行った。コンリー氏は慎重に経過を観察するとしながら、「大統領はとても体調が良い」と語った。別の医師は、トランプ氏が話したとされる「今日歩いて退院できそうな気分だ」との言葉も紹介した。

 一方、トランプ氏が入院前に酸素吸入を行ったかどうかを問われると「今は行っていない」などと繰り返すだけで、明確にしなかった。米紙ニューヨーク・タイムズは、トランプ氏が入院前の2日、ホワイトハウスで酸素吸入を受けたと報じていた。

残り:568文字/全文:972文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1521682 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/10/04 23:42:00 2020/10/04 23:42:00 U.S. Navy Commander Dr. Sean Conley, the White House physician, talks to the media about U.S. President Donald Trump's health after the president was hospitalized for coronavirus disease (COVID-19) treatment, at Walter Reed National Military Medical Center, in Bethesda, Maryland, U.S., October 3, 2020. REUTERS/Ken Cedeno https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201004-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ