トランプ氏、10日に選挙集会再開か…主治医「経過極めて良い」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

米ホワイトハウス前で発言するトランプ大統領(トランプ氏のツイッター上の動画から、ロイター)。トランプ氏は近く選挙集会を再開する意向だ
米ホワイトハウス前で発言するトランプ大統領(トランプ氏のツイッター上の動画から、ロイター)。トランプ氏は近く選挙集会を再開する意向だ

 【ワシントン=蒔田一彦】米国のトランプ大統領は8日夜、新型コロナウイルスへの感染で中断していた大統領選の選挙集会を10日にも再開したい意向を示した。これに先立ち、トランプ氏の主治医は8日、治療を完了し、10日から「大統領が人々との交流活動を安全に再開すると見込んでいる」との声明を発表した。

ロックダウンが続く上海、邦人2人が死亡…市当局から総領事館に連絡

 選挙集会再開の意向は米FOXニュースの電話インタビューで示した。トランプ氏は「体調はとても良い。土曜(10日)夜にフロリダ州で、翌日夜にペンシルベニア州で選挙集会をやりたいと思っている」と述べた。陰性になったことを示すため、ウイルス検査を9日に受けることも明らかにした。

 主治医のショーン・コンリー氏は8日の声明でトランプ氏について「退院後から安定し、病状の進行を示す兆候はない。経過は極めて良く、副作用もない」とし、感染判明から10日目にあたる10日に活動を再開できるとの見通しを示した。発症から10日間、他人との接触を控えるよう求める米疾病対策センター(CDC)の方針を踏まえた形だ。

 11月3日の大統領選を控え、支持率で民主党候補ジョー・バイデン前副大統領に差をつけられているトランプ氏には焦りも見える。15日に予定される大統領候補の第2回討論会を巡り、主催団体がオンライン形式への変更を発表したことにトランプ氏は反発し、不参加を表明した。オンライン形式では、発言中に口を挟むなどの戦術を使いにくいと懸念した可能性がある。

 15日の討論会は開催自体が不透明になっている。バイデン氏はトランプ氏の不参加表明を受け、ペンシルベニア州で15日に開かれる対話集会への参加を決めた。最後となる第3回討論会は22日に予定されている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1534921 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/10/09 19:30:00 2020/10/10 01:07:16 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201009-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)