トランプ氏、10日に2千人招きホワイトハウスで演説へ…感染拡大なら批判も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=海谷道隆】米国のトランプ大統領は10日、ホワイトハウスで「法と秩序」について演説する。CNNテレビによると、演説はバルコニーから行われ、2000人の支持者らが招待されている。新型コロナウイルスに感染して2日に入院して以降、初の対面形式での行事となる。大統領選に向け、健在ぶりをアピールする狙いがあるが、行事で感染が広がる事態になれば批判を浴びるのは必至だ。

 トランプ氏はツイッターで12日に接戦州フロリダ州で選挙集会を開催する方針も明らかにした。当初は選挙集会を10日にも開く意向を示していたが、調整などに時間を要したとみられる。

 大統領選では、民主党のジョー・バイデン前副大統領が世論調査の支持率でリードを広げる。トランプ氏は早期に対面での活動を再開し、巻き返しにつなげる構えだ。トランプ氏の主治医は、トランプ氏が10日から「人々との交流活動」を安全に再開できるとの見通しを示していた。

 ホワイトハウスでの行事を巡っては、9月26日に開いた最高裁判事の指名発表式典で、出席者の間に多数の感染者が判明した。今回はマスク着用を求め、体温確認なども行う方針だ。

無断転載・複製を禁じます
1536998 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/10/10 11:09:00 2020/10/10 13:05:59

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ