トランプ氏「中国のせいで起きた」、バイデン氏「虚偽の情報を発信」…同時間帯に対話集会

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米大統領選に向け、共和党候補のドナルド・トランプ大統領と民主党候補のジョー・バイデン前副大統領は15日夜(日本時間16日午前)、有権者の質問に直接答える対面形式の対話集会にそれぞれ参加した。両氏の集会は、いずれも勝敗の鍵を握る激戦州で同時間帯に開催され、テレビで全米に生中継された。

15日、米フロリダ州マイアミで有権者の質問に答えるトランプ大統領(AP)
15日、米フロリダ州マイアミで有権者の質問に答えるトランプ大統領(AP)

 トランプ氏はフロリダ州マイアミでの集会で、国内の死者が21万人を超えた新型コロナウイルスの感染拡大について、「中国のせいで起こった」と改めて主張した。自ら感染した経験からマスク着用への考えが変わったかという質問には、「私は着用しても構わないが、マスクについては多くの意見がある」と答えた。

 感染拡大で打撃を受けた経済は「急速に回復している」と強調した。バイデン氏が政権を担えば企業に対する増税が実施されるとし、「米国に戻ってきた企業は全て国外に出て行くだろう」と批判した。

15日、米ペンシルベニア州フィラデルフィアで、対話集会に臨むバイデン前副大統領(AFP時事)
15日、米ペンシルベニア州フィラデルフィアで、対話集会に臨むバイデン前副大統領(AFP時事)

 バイデン氏の集会はペンシルベニア州フィラデルフィアで開かれた。バイデン氏は新型コロナの感染拡大について、「トランプ氏は2月初めの時点でウイルスの危険性を知らされていたのに、『夏がくれば消滅する』などと虚偽の情報を発信し続けた」と述べ、政権の対応を批判した。

 また、トランプ氏の経済政策について「富裕層だけが優遇される」と指摘した上で、労働者層に配慮した経済政策を実行していくと強調した。

 この日は両氏によるテレビ討論会が予定されていたが、オンライン形式での開催にトランプ氏が反対し、中止となった。22日のテレビ討論会は予定通り開催される見通しだ。

無断転載・複製を禁じます
1552925 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/10/16 11:51:00 2020/10/16 11:51:00 President Donald Trump speaks during an NBC News Town Hall, at Perez Art Museum Miami, Thursday, Oct. 15, 2020, in Miami. (AP Photo/Evan Vucci) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201016-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ