読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「トランプに投票せよ、さもなくば…」脅迫メールはイランによる介入と結論

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=橋本潤也】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は21日、米大統領選で接戦が予想されるフロリダ州などの民主党員に対し、トランプ大統領に投票するよう脅迫するメールが届いている事案に関して、米情報機関がイランによる選挙介入の試みだと結論づけたと報じた。

 ポスト紙によると、メールはフロリダ州やペンシルベニア州などの民主党員に届き、「投票日にトランプに投票せよ。さもなくば、我々があなたを追跡する」と警告しているという。送信元の表記は、米国の極右団体「プラウド・ボーイズ」を示唆しているが、団体側は関与を否定。メールを分析した専門家は、エストニアのサーバーから送信されていると指摘したという。

 中央情報局(CIA)などの情報機関を統括するジョン・ラトクリフ国家情報長官は21日、緊急の記者会見を開き、イランとロシアが米国の有権者情報を入手し、大統領選への介入を試みていると明かした。ラトクリフ氏は民主党員に送られたメールに関し、トランプ大統領をおとしめる狙いがあると指摘している。

無断転載・複製を禁じます
1567641 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/10/22 10:52:00 2020/10/22 11:41:23

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)