読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

トランプ氏のツイッターを分析<1>2万3110ツイートから見えたもの 携帯手放せない?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トランプ氏のツイッターを分析

 史上初めてSNSをフル活用するアメリカのトランプ大統領。初当選した前回の大統領選からツイッターを駆使し独自のメディア戦略を取っている。就任後、トランプ氏の公式アカウントの投稿はさらに過激化し、自身の意に沿わないメディアや団体を感情的に攻撃したり、真偽のあいまいな情報を拡散したりと、物議を醸すツイートは後を絶たない。読売新聞はトランプ氏が就任した2017年1月20日朝から2020年9月30日夜までのツイッターのデータ2万3110件(リツイートを含む)を取得し、内容を分析した。つぶやく頻度や多用する言葉、二転三転する対応などを詳細に調べ、トランプ氏がツイッターをどう使ってきたのかを見てみよう。(読売新聞 丸山公太)

就任演説で「アメリカを再び偉大に」と訴えるトランプ大統領(2017年1月20日、ワシントンの連邦議会議事堂前で)
就任演説で「アメリカを再び偉大に」と訴えるトランプ大統領(2017年1月20日、ワシントンの連邦議会議事堂前で)

 「今日からすべてが始まる!」。トランプ氏が大統領に就任した2017年1月20日。午前7時31分に発信したツイートからは興奮が読み取れる。就任式後も22分間に連続10ツイート。就任演説の言葉を繰り返しながら、「2017年1月20日は人々が再びこの国の支配者に戻った日として記憶されるだろう」などと投稿した。

感情的

 トランプ氏は大統領就任前からツイッターを選挙戦のツールとして使いこなしてきた。就任後もその傾向は変わらない。自身にかかわる疑惑が明るみになったり、不都合な出来事があったりするたび、感情的ともいえる投稿を繰り返した。

 ツイートのみに限ると、大統領に就任した2017年1~6月までは月平均で136だったが、18年1~6月は218回、19年1~6月は311回、20年1~6月の間も454回と数字を伸ばしている。

 最もつぶやいた月は、20年9月の722回で、1日平均では24回、1時間に1回はツイートしている計算だ。大統領選のため遊説に向かう自身の動向を伝えたり、民主党のジョー・バイデン候補を「Sleepy Joe」(眠たげなジョー)など(おとし)めたりする投稿を多くしたからだ。

 新型コロナウイルス感染防止などを目的とする郵便投票を「Scam(ペテン)」と批判する投稿も多い。郵便投票を「fraudulent(詐欺行為だ)」とした投稿についてツイッター社は5月、「郵便投票について事実を知って」と青色の文字で警告表示をつけた。警告先のリンクでは、トランプ氏の主張は「根拠がない」としている。

 2番目に多くつぶやいたのは19年10月の608回だ。トランプ氏がいわゆる「ウクライナ疑惑」に反論した時期にあたる。この疑惑は、ウクライナのゼレンスキー大統領に政治的圧力をかけ、バイデン氏と息子に関する調査でバイデン氏に不利な情報を得ようとしたとされるもの。政権や共和党は弾劾(だんがい)調査に協力せず、トランプ氏は「Do Nothing Democrats(何もしない民主党)」「Witch Hunt!(魔女狩りだ!)」と弾劾調査に反発し、自身を擁護するメディアの引用や本についてリツイートを繰り返した。

 弾劾手続きを進める民主党議員への個人攻撃も続け、「sick(嫌気が差す)」「DUPED BY RUSSIAN PRANKSTERS!(ロシアの悪ふざけに(だま)されている)」と投稿した。アメリカ史上3例目の大統領に対する弾劾裁判は20年1~2月にかけて行われたが、無罪評決が下っている。

リツイート増加

 リツイートを含むと、最も投稿したのはやはり20年9月で1352回。20年5月以降、7月を除きすべての月で1000回を超えている。支持者が大勢集まった選挙集会や自身の演説の動画や写真をリツイートしたものが多い。文章を考えて記入するツイートより、他者のツイートを利用するリツイートの方が手軽にできる。このリツイートの多用で、フォロワーのタイムラインに自身の発信が表示される時間を増やすことが狙いとみられる。大統領選の投票日11月3日が近づき、フォロワーに必死にアピールしている様子がうかがえる。19年3月の全投稿に占めるリツイートの割合は28%だったのに対し、20年9月は46%にまで急増している。

 日別で最も多かったのは20年6月5日の200回だった。7分に1回の計算だ。この日は米労働省が5月の雇用統計を発表し、景気動向を反映する非農業部門の就業者数が前月より250万人増加した。ツイートでは、「驚くべき数字だ!」「こんな数字は見たことがない」などと自らの政策の効果を主張した。この日はリツイートが163回と全投稿の8割を占めた。起床時とみられる午前6時半から午前8時1分まで断続的に131のツイートを投稿し、午後7時46分から午後10時19分の間にも50ツイートを重ねた。

朝に4割

 時間帯別に分けると、最もつぶやいているのは午前7時台で全ツイートの10%。午前6時から11時では全体の4割を占める。ニューヨーク・タイムズによると、この時間帯は側近たちが近くにおらず、ホワイトハウスの寝室でお気に入りのFOXニュースを見ながらツイートしているという。

 ツイート数は、午後11時台には997件あるが、午前0時台に327回、1時台に95回、2時台に39回、3時台に21回、4時台に140回とペースを落とし、5時台から863回と投稿が増えている。トランプ氏の睡眠時間は3~4時間と言われているが、午前0時から5時の時間帯に就寝している様子が見て取れる。(時間はアメリカ東部時間、数字は小数点以下は切り捨て)

無断転載・複製を禁じます
1584354 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/10/28 15:00:00 2020/11/04 09:29:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201027-OYT8I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)