読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

敗北宣言はいつ? 負けを認めて生まれた「名演説」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米大統領選では通常、主要報道機関が各州の集計などを基に、当選確実の候補者を投開票翌日未明までに報じる。敗者は速やかに敗北を認め、勝者は勝利を宣言して長い戦いを終える。

始まりは祝電、平和的な政権樹立へ

 敗北宣言は平和的な政権樹立の第一歩と言える。1896年に敗れたウィリアム・ブライアン(民主)がウィリアム・マッキンリー(共和)へ祝電を送ったことから始まったとされる。

 数々の名演説も生んだ。1952年の選挙で敗れたアドレー・スティーブンソン(民主)はテレビ演説で、ドワイト・アイゼンハワー(共和)の勝利を美しくたたえた。

 2016年のヒラリー・クリントン氏(民主)はメディア報道の後、投開票翌日未明にトランプ氏に電話し、敗北を認めた。トランプ氏の勝利は「番狂わせ」だった。クリントン氏の演説はその日の昼近くにずれ込んだ。クリントン氏は後に、敗北演説を用意していなかったと明らかにした。

トランプ氏、負けを認めるかが焦点

 今回の選挙では、仮にトランプ氏が開票後に敗色濃厚となった場合、その諾否が焦点となる。トランプ氏が郵便投票を不正の温床として批判し、開票結果の受け入れについてあいまいな姿勢を示してきたからだ。

無断転載・複製を禁じます
1584015 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/10/27 05:00:00 2020/11/04 18:35:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201027-OYT8I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)