読売新聞オンライン

メニュー

7州で勝者わからず、多くは郵便投票の集計に時間費やす

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米大統領選で、米東部時間4日午前(日本時間5日未明)までに勝者が判明していない州は、AP通信のまとめでは7州あり、郵便投票の集計に時間を要しているものとみられる。

 事前の世論調査によれば、郵便による投票を選択したのは民主党支持者が多く、共和党支持者は少ないため、開票が進むにつれてバイデン氏の得票が積み上がる公算が大きい。

 特にネバダ州(選挙人6人)は既にバイデン氏が先行しており、米メディアでは、このままバイデン氏が逃げ切るとの見方が優勢だ。バイデン氏の獲得済みの選挙人238人とネバダ州の6人を足し合わせると、244人となる計算だ。当落ラインの270人に届くには、残り6州から計26人を獲得する必要がある。

 一方、トランプ氏はアラスカ州(同3人)での勝利が見込まれている。既に獲得した213人と合わせると216人で、当選にはあと54人が必要となる。伝統的に共和党が強い南部のジョージア州とノースカロライナ州を押さえて計31票を積み増し、さらにペンシルベニア、ミシガン、ウィスコンシンのラストベルト3州のうち少なくとも2州で勝利する必要がある。

無断転載・複製を禁じます
1602586 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/11/04 23:41:00 2020/11/05 00:45:01

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)