読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米大統領選、バイデン氏当選確実…ペンシルベニア制す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】米大統領選は7日、民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)が共和党のドナルド・トランプ現大統領(74)を破って当選する見通しとなった。接戦州のペンシルベニア州での勝利が確実になり、獲得した選挙人の数が全米総数の過半数に達した。異例ずくめの選挙戦は現職大統領の敗北で決着した。

バイデン前副大統領(4日、米デラウェア州で)=AP
バイデン前副大統領(4日、米デラウェア州で)=AP

 米メディアの集計によると、今月3日の投票日からの開票作業を経て、選挙人の数が当選に必要な270人を超えた。

 ただ、トランプ氏は敗北を認めず、法廷闘争で続投の道を探る構えだ。今後、司法の判断や再集計の結果などによっては、複数の接戦州で開票結果が揺らぐ可能性が否定できない。

 トランプ氏の任期は来年1月20日で終了するが、バイデン氏への政権移行は曲折が予想される。

 バイデン氏は6期36年にわたり上院議員を務めた後、バラク・オバマ前大統領の副大統領として2期8年、政権を支えた。政策路線は民主党の中道穏健派に位置づけられる。1942年11月20日、ペンシルベニア州生まれ。就任すれば米史上最高齢の大統領となる。副大統領には米史上初めて女性のカマラ・ハリス上院議員(56)が就任する。

 バイデン氏は接戦州でトランプ氏との得票差を広げていた。6日の演説で「我々は勝つ」と述べ、勝利に自信を示した。トランプ氏陣営は6日の声明で、法廷闘争で抗戦する姿勢を改めて強調した。

 AP通信の7日午前10時現在の集計で、バイデン氏は勝敗未定の5州のうち、ペンシルベニア、ジョージア、ネバダの各州でトランプ氏の得票を上回る。

 バイデン氏は6日夜、デラウェア州で演説し、「300人超の選挙人確保に向かっている」と語った。接戦州を制し過半数の270人を確保できるとの見方を示したものだ。一方、トランプ陣営は声明で「開票所に立ち入る監視員の活動が制限された」などとした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1610074 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/11/08 01:42:00 2020/11/08 11:03:53 Democratic presidential candidate former Vice President Joe Biden speaks to supporters, early Wednesday, Nov. 4, 2020, in Wilmington, Del. (AP Photo/Paul Sancya) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201108-OYT1I50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)