ジュリアーニ元NY市長「選挙が盗まれた証拠、10州かもしれない」…複数の州で提訴へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米大統領選の敗北を依然として認めていないトランプ大統領の陣営は選挙の不正を引き続き主張し、司法の場で徹底的に争う構えだ。民主党のバイデン前副大統領が政権移行作業を本格化させる一方、トランプ氏の動向にも注目が集まる。

8日、米バージニア州のゴルフ場で、支持者らに両親指を上げて応えるトランプ大統領(AP)
8日、米バージニア州のゴルフ場で、支持者らに両親指を上げて応えるトランプ大統領(AP)

 トランプ氏の個人弁護士、ルドルフ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長は8日、米FOXニュースのインタビューに「今回の選挙が(民主党に)盗まれた証拠が3、4の州で見つかっている。10州かもしれない」とまくし立てた。9日以降、ペンシルベニア州など複数の州で訴訟を起こすという。

 ジュリアーニ氏らは、共和党側の立ち会いが認められない中で多数の郵便投票が開票されたとして、無効を主張。既に死亡した人の名前で投票された例なども見つかったとしている。

残り:538文字/全文:1016文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1612873 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/11/09 19:04:00 2020/11/10 08:41:54 President Donald Trump gives two thumbs up to supporters as he departs after playing golf at the Trump National Golf Club in Sterling Va., Sunday Nov. 8, 2020. (AP Photo/Steve Helber) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201109-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)