再集計なら費用8億円超、申し立てたトランプ氏陣営が負担を…ウィスコンシン州

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=海谷道隆】米大統領選で大接戦となったウィスコンシン州の選挙管理委員会は16日、敗れたトランプ大統領の陣営が再集計を申し立てる場合、陣営が790万ドル(約8億2000万円)の費用を負担する必要があるとの見積もりを発表した。委員会によると、再集計を実施するためには、トランプ氏の陣営は18日に申し立て、費用も先払いしなければならない。

 ウィスコンシン州は、民主党のジョー・バイデン前副大統領が得票率で0・62ポイント、票数で2万470票上回った。州法の規定で、陣営は得票率差が1ポイント以下であれば再集計を申し立てることができるが、0・25ポイントを超える差がある場合は申し立てた陣営が費用を負担しなければならない。

無断転載・複製を禁じます
1633273 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/11/17 17:59:00 2020/11/18 07:14:49

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ