トランプ氏、大統領選の不正否定の高官更迭…「米史上で最も安全が確保された選挙」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=海谷道隆】米国のトランプ大統領は17日、国土安全保障省でサイバー対策を担うサイバー・インフラ安全保障局(CISA)のクリス・クレブス局長を更迭したとツイッターで発表した。トランプ氏が大統領選の不正を訴えて敗北を認めないなか、CISAが「米史上で最も安全が確保された選挙だった」との声明を出したことに反発した。

 トランプ氏は、選挙に関するクレブス氏の評価は「著しく不正確だ」と批判し、クレブス氏を「即刻解任した」と明らかにした。

 トランプ氏は、一部の集計機でトランプ氏の票が民主党のジョー・バイデン前副大統領の票に改ざんされたといった主張も展開している。CISAは他の専門機関とともに12日に出した共同声明で、「投票システムによる票の削除や改ざん、何らかのシステム侵入が生じたという証拠はない」との見解を表明していた。

 更迭を覚悟していたとされるクレブス氏はトランプ氏の投稿後、「我々は正しいことをした」とツイッターで訴えた。

無断転載・複製を禁じます
1636008 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/11/18 17:24:00 2020/11/18 17:45:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ