バイデン氏「政府提訴も排除せず」…トランプ氏に敗北受け入れ迫る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】米大統領選で勝利を確実にしたジョー・バイデン前副大統領は19日の記者会見で、トランプ大統領が敗北を認めず、政権移行チームが政府から機密情報などの説明を受けられない状態が続いていることに関連し、「政府を提訴することも排除しない」と述べた。徹底抗戦の構えを崩さないトランプ氏に対し、敗北受け入れを強く迫った。

 バイデン氏は、共和党の議員らがトランプ氏に配慮し、選挙結果を認めずに同調していることについて、「私は共和党の議員や州知事の協力を得られるものと期待している」と語った。その一方で、「あらゆる選択肢を排除しない」とも強調し、政府から正式に機密情報の引き継ぎを受けられるよう、法廷で争う可能性にも言及した。

 また、円滑な政権移行が行われない場合、新型コロナウイルス対策に及ぶ影響について「政府のデータにアクセスできなければ、我々の対策は遅れてしまう。その分、命が失われるということだ」と訴えた。「民主主義に関して世界に非常に有害なメッセージが発せられている。米国史上、最も無責任な大統領の一人として歴史に刻まれるだろう」とトランプ氏を批判した。

無断転載・複製を禁じます
1642189 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/11/20 18:46:00 2020/11/21 01:30:11

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ