読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

バイデン氏、米大統領選の「当選が確定」…選挙人投票で過半数獲得

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

14日、米大統領選の選挙人投票で勝利を確実にし、デラウェア州ウィルミントンで演説するバイデン氏(ロイター)
14日、米大統領選の選挙人投票で勝利を確実にし、デラウェア州ウィルミントンで演説するバイデン氏(ロイター)

 【ワシントン=横堀裕也】11月3日に投開票された米大統領選の選挙人投票が14日、全米50州と首都ワシントンで行われた。計538人の選挙人による投票で、民主党のジョー・バイデン前副大統領(78)が過半数を超える306票を獲得し、当選が事実上確定した。共和党のドナルド・トランプ大統領(74)は232票だった。トランプ氏は敗北を認めていないが、再選の道は閉ざされた形だ。

 投開票は各州の州都などで行われ、開票結果も含めて公開された。有権者の一般投票の結果に従わない「不誠実な選挙人」はいなかった。2016年の前回選挙では、造反は過去最多の7票だった。今回の結果は来年1月6日に連邦議会で行われる集計で正式に確定し、同月20日にバイデン氏が第46代大統領に、カマラ・ハリス上院議員(56)が副大統領に就任する。

 バイデン氏は開票結果を受けて地元デラウェア州で演説した。米国政治や社会の分断を踏まえ、「今こそ新たな一歩を踏み出し、結束して共に傷を癒やそう。私に投票してくれなかった人も含め、私は全ての米国人の大統領になる」と国民に融和を呼びかけた。

 また、「選挙の正当性は保たれた。我々は投票し、民主主義が勝ったのだ」とも強調した。トランプ氏が大統領選について「大規模な不正があった」などと主張し、選挙の正当性を否定する発言を繰り返していることを意識したものだ。

 

残り:386文字/全文:1118文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1701292 0 アメリカ大統領選挙2020 2020/12/15 07:50:00 2020/12/15 12:53:19 U.S. President-elect Joe Biden delivers a televised address to the nation, after the U.S. Electoral College formally confirmed his victory over President Donald Trump in the 2020 U.S. presidential election, at Biden's transition headquarters in Wilmington, Delaware, U.S., December 14, 2020. REUTERS/Mike Segar https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201215-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)