分断深まる米社会、「団結」訴えるバイデン氏に期待と反発…ガガさん国歌独唱

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

20日、米ワシントンで、バイデン大統領の就任を祝福する支持者ら=ロイター
20日、米ワシントンで、バイデン大統領の就任を祝福する支持者ら=ロイター

 【ワシントン=田島大志、寺口亮一】米国の第46代大統領ジョー・バイデン氏(78)の就任式は20日、異例の静寂の中で行われた。就任演説で何度も「団結(Unity)」を訴えたバイデン氏。トランプ政権下で深まった米社会の分断を克服できるのか。首都ワシントンでは新政権への期待が高まる一方、反発も根強い。

世界水泳バタ銅の本多灯らコロナ陽性…回復待ちハンガリーから帰国へ

■出席者限定

 オバマ政権下の副大統領として2009年にも就任式を経験したバイデン氏は終始、落ち着いた様子で臨んだ。

20日、バイデン大統領が就任演説を行った連邦議会議事堂=ロイター
20日、バイデン大統領が就任演説を行った連邦議会議事堂=ロイター

 「すべての米国民に、私とともに歩みを進めるよう求める」。連邦議会議事堂のバルコニーに立ったバイデン氏は演説でそう訴え、両手を振り上げた。静かに見守っていた出席者から口笛や拍手が上がったが、スタンディングオベーションや歓声で演説が中断される場面はなかった。

 最も盛り上がりを見せたのは、バイデン氏が女性初の副大統領に就任したカマラ・ハリス氏(56)を紹介した時だった。黒人でインド出身の母親を持ち、「多様性の象徴」とされるハリス氏に対する期待の大きさをうかがわせる。

 米国は新型コロナウイルスの累計感染者数が2400万人超、死者数が40万人超と、いずれも世界最多を記録する。就任式には本来、約20万人が招待されるが、今回は連邦議会議員と、議員あたり1人ずつの招待者らに絞られた。主催者によると、出席者は数千人にとどまったという。

20日、連邦議会議事堂で執り行われた就任式で、国歌を独唱するレディー・ガガさん=ロイター
20日、連邦議会議事堂で執り行われた就任式で、国歌を独唱するレディー・ガガさん=ロイター

 式にはオバマ、クリントン、ブッシュ(子)の民主、共和両党の歴代大統領夫妻が出席。副大統領を退任したマイク・ペンス氏(61)の姿もあった。歌手のレディー・ガガさん(34)が国歌を独唱し、ジェニファー・ロペスさん(51)もフォークソング「わが祖国」を歌った。

残り:588文字/全文:1687文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1786952 0 アメリカ大統領選挙2020 2021/01/21 15:58:00 2021/01/21 16:36:37 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210121-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)