トップ>研究>浮世絵は楽しい

研究一覧

都筑 学

都筑 学【略歴

浮世絵は楽しい

都筑 学/中央大学文学部教授
専門分野 発達心理学

時代は浮世絵

 私がまだ中学生だった頃である。永谷園のお茶づけ海苔のおまけに歌川広重の浮世絵「東海道五拾三次カード」が入っていた。当時、それを集めるのが流行した。ご多分にもれず、私も夢中になった。残念ながら、浮世絵カードは、いつの間にかどこかに行ってしまった。昨年11月の出荷分から、そのカードが復活したというニュースを聞いた。そのうち、お茶づけ海苔を買い、広重の浮世絵を再び楽しみたいと思っている。

 時を同じくして、昨年11月22日、墨田区に「すみだ北斎美術館」がオープンした。テレビ番組で見ただけだが、かなり斬新な建物のようだ。1月15日までの開館記念展「北斎の帰還 ―幻の絵巻と名品コレクション―」は見損なってしまった。残念至極。新しい美術館がどんなものか、そのうち機会を見つけて是非行きたいと思っている。

 昨年の大晦日の東京新聞朝刊には、「北斎肉筆画か 掛け軸発見」という記事が載っていた。竹を背景に、石灯籠に止まっている鶏二羽が描かれた「竹鶏図」。北斎40代半ば頃の作品と見られているようだ。鹿鳴館の設計で知られる英国の建築家ジョサイア・コンドルの旧蔵品という。どこかで展示されることはあるのだろうか。あるとしたら、是非この目で見てみたいと思っている。

 昨年末にあった浮世絵関連の話題を三つほど取り上げてみた。「時代は浮世絵」。こんなふうに思うのは、私だけであろうか。そのブームにあやかろうというわけではないが、この度、文学部で浮世絵展覧会を企画した。それは、美術館で開かれる展覧会とは、やや趣を異にしたものとなっている。この小論は、その展覧会についての紹介である。以下、少々お付き合いいただきたい。

学生が中心となって進める浮世絵展覧会

 今回の展覧会は、中央大学教育力向上推進事業「浮世絵展示を活用したアクティブ・ラーニング」によるものである。私が実施責任者を務めている。この事業の柱は、学生が浮世絵展覧会を企画し、運営することである。

 その出発点として、昨年7月に文学部提供課外プログラム「実践的浮世絵学」の受講生を募集した。その応募要領には、次のように書かれていた。

 浮世絵の第一線的研究者であり、浮世絵展示に手慣れた現役の学芸員を講師として指導を仰ぎ、歴史・ジャンル等浮世絵についての全般的な知識、モノとしての展示物の取扱方等を修得するところからはじめ、受講者の討議によって決定したテーマ・構成による展示を実現するところまでの実践的演習を行う。実際に現物の浮世絵に触れ、それらの作品の研究・評価を行い、展示構成立案、展示解説作成、展示準備作業、そして展示運営という浮世絵展示の具体的な作業を通じて、当該文化財の特性について、さらには日本の歴史と文化についての理解を深めていく。

 応募者は、学部2年生から大学院修士1年生までの10名。エントリー・シートに書かれていた意気込みを買って、めでたく全員合格。夏休みを挟み、後期に入ってから、週1回の授業を受けていくことになった。講師は、平木浮世絵美術館(公益財団法人平木浮世絵財団)の学芸員の森山悦乃さんと松村真佐子さんのお二人。浮世絵に関しては、プロ中のプロである。一方、学生たちは浮世絵に興味・関心はあるが、知識はほぼ白紙状態。展示をおこなった経験もない。そうした学生たちを相手に、お二人には懇切丁寧な指導をしていただいた。深く感謝する次第である。展覧会で展示する浮世絵は、平木浮世絵美術館から借り受けた。これに関しては、佐藤光信館長のご理解とご支援が大きかった。ただただ感謝あるのみである。

 実践的浮世絵学の授業は、概ね2つの部分から構成されていた。一つは、浮世絵についての基本的知識の学習である。浮世絵や歴史や絵師の系譜を学ぶとともに、絵師の落款・版元印・検印などの浮世絵に印された情報の読み取り方を学んだ。

 もう一つは、展覧会に向けての準備のための作業である。最初は、一人あたり3点の浮世絵を担当し、調書を取っていった。調書は、採寸(浮世絵の縦横の長さの測定)から始まる。次に、題目・絵師・版元・刊行年を特定する。次に、描かれている人物や風景が何かを調べていく。歌舞伎年表を用いて、芝居の演目や役者を探し出すようなことも含まれていた。これらの情報は、それぞれの浮世絵のキャプションの素材となるものである。

 こうした作業をおこないながら、展覧会のテーマを決定していった。その過程では、いくつかの案が出され、それを練り直していった。最終的には、次のようなテーマと企画内容にまとまった。

浮世絵 美男美女競(ミス・ミスターコンテスト) あなたはダレ推し?

 11人の美男子と11人の美女を描いた浮世絵を2つのコーナーに分けて展示する。展覧会に来てくれた人に、シール投票をしてもらい、一番の美男美女を選ぶ。10名の学生と私が、美男美女を一人ずつ担当し、解説を書く。その美男美女には、キャッチコピーを考えて付ける。

「美男美女競」と書いて「ミス・ミスターコンテスト」と読ませる。浮世絵を展示するだけでなく、見に来てくれた人も参加できる展覧会。これらの点には、学生たちの柔軟で豊かな発想が遺憾なく発揮されている。

 展覧会に向けて、チラシやポスター、パンフレットの作成もおこなっていった。ここでも、お二人の学芸員の指導がとても重要な役割を果たした。チラシやポスターの基本的なアイディアは、チラシ班の学生たちが考えた。それを具体的にデザインして仕上げてくださったのは、松村さんである。

 パンフレットには、それぞれの浮世絵とその解説を載せることになった。それだけでなく、コラムも載せることにした。そのアイディアは、パンフレット班の学生たちから出たものだ。彫師・摺師・版元、検印、絵師(歌川国貞、歌川国芳)、役者などについて分担して執筆した。学生が書いた文章は、森山さんと松村さんのお二人にチェックしてもらった。ここでも、専門的な視点から、的確なご指導をいただいた。

 次は、展示に向けての実際の作業である。浮世絵の解説を印刷したものを「貼りパネ」に貼る。浮世絵を額縁に入れて飾るために、浮世絵の大きさに合わせて額装用マットを切り抜く。浮世絵を額に入れる。どのような配置でパネルを設置し、どのような順番で浮世絵を飾るかをプラニングする。展覧会の会場に設置したパネルに額装した浮世絵と解説を飾る。後は、展覧会の当日を迎えるだけとなる。受付も学生たちが分担しておこなうのである。

 このように、実践的浮世絵学は、文字通りアクティブ・ラーニングそのものなのである。

浮世絵の魅力と可能性

 今回の展覧会に向けて、私自身も学生と一緒に活動してきた。浮世絵初心者の私であるが、浮世絵の持っている魅力や可能性をいろいろと感じてきた。

 今回の展覧会で取り上げた浮世絵は、江戸から明治にかけて摺られたものである。それほど遠い昔のことではない。私たちが暮らしている現代とつながっている「過去」である。それなのに、知らないことが多い。最初に思ったのは、そんな素朴な感想である。

 浮世絵の調書を取りながら、いろいろと調べていく。すると、それまで知らなかったことが少しずつ分かってくる。そうした体験は、とても面白かった。浮世絵についての単なる「豆知識」が増えたというだけではない。浮世絵の中には、自分が生きている「現在」の土台となるものがある。そんなふうに思えてきたのである。

「グローバル」という言葉が、世の中を席巻する現代。とかく外に目を向けがちであるが、それだけで果たしてよいのか。自分のルーツが何たるかを知らずして、それでよいのか。そうした思いも強まってきた。

 合理性や経済性、効率性を旨とする生き方を見直す「鏡」。浮世絵には、そんな意味もあるように考えられるのだ。

 学生たちの創意工夫が凝らされた浮世絵展覧会。是非、お越しいただき、浮世絵の魅力と可能性を感じ取っていただければ幸いである。

浮世絵 美男美女競(ミス・ミスターコンテスト) ~あなたはダレ推し?
日時:2017年1月26日(木)~31日(火) 11時~17時 
※29日(日)は閉室
会場:中央大学多摩キャンパス3号館(文学部棟)3105号室
入場無料

都筑 学(つづき・まなぶ)/中央大学文学部教授
専門分野 発達心理学
1951年東京都出身。東京教育大学教育学部卒業、東京教育大学大学院教育学研究科修士課程修了、筑波大学大学院心理学研究科博士課程単位取得退学。博士(教育学)。
大垣女子短期大学専任講師・助教授、中央大学文学部助教授を経て1994年より現職。
2009年11月から2013年10月まで文学研究科委員長、2013年11月より文学部長。
研究テーマ
1980年頃から、時間的展望の研究を一貫して行ってきた。1997年から2011年は、環境移行にともなう時間的展望の変化プロセスを縦断的研究によって検討し、研究成果を出版してきた。『大学生の進路選択と時間的展望』(2007年、ナカニシヤ出版)、『小学校から中学校への学校移行と時間的展望』(2008年、ナカニシヤ出版)、『中学校から高校への学校移行と時間的展望』(2009年、ナカニシヤ出版)、『高校生の進路選択と時間的展望』(2014年、ナカニシヤ出版)。
昨年、10冊目の単著『大学1年生のための伝わるレポートの書き方』(2016年、有斐閣)を刊行した。