第7回「あなたの『おいしい記憶』をおしえてください。」コンテスト受賞作品

コンテスト受賞者作品発表

「おいしい記憶」を多くの人に伝え、食の幸せを共有できますように―― 読売新聞社と中央公論新社が主催する「第7回 あなたの『おいしい記憶』をおしえてください。」コンテスト(キッコーマン株式会社協賛、読売KODOMO新聞協力)では、笑顔や優しさ、活力などを与えてくれるエッセーと作文を募集しました。全国から3388点の作品が寄せられ、作家の山本一力さんをはじめ7人の審査員により、受賞作品が決定いたしました。多くの方とこの「おいしい記憶」が共有できますよう、ここにキッコーマン賞、読売新聞社賞、および優秀賞作品の全文を紹介いたします。ぜひお楽しみください。※応募作品は誤字・脱字も含めてオリジナルのまま掲載しております。
第7回

一般の部(エッセー)

キッコーマン賞
「ふたつのお弁当箱」
和田 佑美子さん(茨城県・34歳)
読売新聞社賞
「力うどんのチカラ」
加藤 パトリシアさん(千葉県・59歳)
優秀賞
「高野豆腐」
堀内 貴美子さん(大阪府・59歳)
「おばあちゃんの味の肉じゃが」
木谷 美穂さん(広島県・33歳)
「母の野菜ジュース」
衛藤 緒利恵さん(東京都・20歳)
「モツ焼き」
門田 弘さん(千葉県・61歳)
「父の味」
岩槻 淳さん(宮城県・60歳)
「祖母の味噌結び」
草野 恵美子さん(福島県・50歳)
「祖母のおにぎり」
大塚 りょう子さん(茨城県・34歳)
「イカとわたくし」
谷口 治子さん(東京都・49歳)
「祖母の味」
富岡 奏美さん(静岡県・16歳)
「寄り添うおいしさ」
阿久戸 嘉彦さん(埼玉県・54歳)

小学校低学年の部(作文)

キッコーマン賞
「2ピースのたび」
山本 千陽さん(秋田県・8歳)
優秀賞
「はじめてのみそ作り」
佐々木 真瑚さん(静岡県・9歳)
「まんまるつくね」
川上 真央さん(東京都・8歳)

小学校高学年の部(作文)

読売新聞社賞
「ハッピーカード」
瀬戸 俊介さん(埼玉県・10歳)
優秀賞
「思い出のちらし寿司」
金城 渚紗さん(岐阜県・12歳)
「さめていてそっと温かいおにぎり」
行田 有希さん(岐阜県・12歳)

※年齢は応募時

第7回
■一般の部(エッセー) 読売新聞社賞「力うどんのチカラ」加藤 パトリシアさん(千葉県・59歳)

 34年前、私はチリで大家族に囲まれてにぎやかに楽しく暮らしていました。ある日、日本人の男性にみそめられ、その時、私もその人を素敵だと思いました。1年ほど付き合った後、その男性より熱烈なプロポーズを受けた私は嬉しくて有頂天になり、すぐに「シー(オッケー)」と、こたえてしまったのでした。そのとき私は、家族と別れ、自分の国とも別れることをあまり、そして深く考えていませんでした。チリでの結婚式では、家族も友達も、みんな笑顔、笑顔、笑顔のフェリシダ(しあわせ)。次の日の空港のお別れの時には、みんな涙、涙、涙のアディオス(別れ)。そのあと、飛行機の中で、ようやく事の重大さに気づき「私はいったい何をしているの、時間よ止まって、そして、戻って!」と心の中で叫んでいました。

 日本に着いた頃の生活は、それは辛い毎日でした。主人は仕事で忙しくて、友達もいなく、日本語も話せない私は、一人ではとても外出もできませんでした。毎晩チリでの生活を思い出しては涙、涙でした。それでも愛する主人との暖かい家族を作ろうと「もう一日、あと一日だけがんばってみよう」と自分にいい聞かせながら過ごしていました。

 そんな時、「力うどん」に出会ったのです。ある日、主人と出かけたとき、うどんの店に入りました。その店の人が汗をかきながら、うどんを一生懸命踏んでいました。私の国では、客が食事を作っている様子を見ることはありません。それが珍しくてずっと見入っていました。お客さんのために一生懸命うどんを踏む店の人を見て感動し、それで私も日本で主人のためにも、もう少し頑張ってみようと思いました。店の入り口にはメニューのサンプルがおかれていて、ひとめで私は力うどんを選びました。見た目にも本当に美味しそうだったからです。

 「力うどん」は、みそ味で、外側がきつね色にカリッと焼けてるお餅、半熟卵、きれいなピンク色の渦が巻いてあるなると、ネギ、厚揚げ、鶏肉、にんじん、シイタケ、ほうれん草など、いっぱいの具が入っていました。味も今まで食べた事のない、そして決して忘れる事のないほっとする暖かなものでした。私はこの「力うどん」で料理は目でも味わえるということもわかりました。辛い事を忘れさせ、そして力を与えてくれたこの「力うどん」との出会いに心から感謝し「グラシアス(ありがとう)」とささやきました。

 ところで私には四人の娘がおり、最近一人が結婚して家を出て、そしてもう一人も海外で生活をするため家から出て行きました。その娘たちが、34年前の私と同じようにきっと辛い思いをしているに違いありません。私は、その娘たちが、どこかで私にとっての「力うどん」みたいなものに出会ってチカラづけてもらえたらと心から願っています。

[広告]企画・制作 読売新聞社広告局