Chuo Online

  • トップ
  • オピニオン
  • 研究
  • 教育
  • 人‐かお
  • RSS
  • ENGLISH

オピニオン

これからの日本―廃県置州のススメ

佐々木 信夫/中央大学名誉教授
専門分野 社会システム工学

 その時代にふさわしい「国のかたち」を設計する、それが政治の役割だ。明治維新から150年、時代は大きく変わった。本格的な人口減少時代を迎えた日本をどうするか、「新たな国づくり」を本格的に議論すべき時期ではないのか。だがこの十数年、政治は景気対策の話ばかりだ。行政改革を含め根本に立ち返って国家の統治構造を見直そうという話は全くない。政治の怠慢である。

(1月10日)

全文を読む

持続可能な開発目標におけるソーシャル・アントレプレナーシップ

中村 寛樹/中央大学商学部准教授
専門分野 社会システム工学

 経済の発展には、仕事や雇用の創出が必要不可欠です。そして、その担い手として、アントレプレナー(起業家)および起業活動が果たす役割は小さくありません。起業活動やスタートアップ企業により経済発展や産業の成長が促されるといった経済観は、経済学者のシュンペーターの名前を用いてシュンペータリアン・ビューと呼ばれます。

(12月6日)

全文を読む

研究

わたしの大学院生活:現在・過去・未来

飯村 周平/中央大学大学院文学研究科・日本学術振興会特別研究員DC1
専門分野 発達心理学

 長かった学生生活も残りあと数か月。わたしはいま、中央大学大学院の博士後期課程3年生。つい最近、博士学位請求論文を提出した。来年の3月には博士号(心理学)を取得する見込みだ。わたしの大学院生活を紹介することを通じて、いまを生きる大学院生のリアルな姿の一端を伝えたい。

(12月13日)

全文を読む

英文学における想像力と精神

サイ・マシューズ/中央大学総合政策学部助教
専門分野 文学、文化

 私は英文学を研究しています。主な研究分野は詩ですが、随筆、ノンフィクション、ジャーナリズムといった他の文学作品も対象としています。

(11月29日)

全文を読む

人‐かお

理系研究者から法科大学院入学、そして弁護士へ

松村 武志さん/弁護士

 私は、もともと理系の大学院で木造建築の耐震性の研究をしており、大学院を辞した後は、教育関係の仕事に従事していました。

 その後、医師や建築士など、高い専門性や確かな技術を持ちながら法的弱者である人々を守る法曹になりたいと思い、2010年に中央大学法科大学院の未修コースに入学し、2013年に卒業、同年の司法試験に合格し、現在は、家事相続・不動産・建築紛争・労働問題・医療過誤等、一般民事を取り扱う法律事務所で、アソシエート弁護士として、勤務しています。

(1月17日)

全文を読む

教育

「探究マップ」で論証を組み立てる
――俯瞰とメタ認知でAI時代を乗り越えよ――

齋藤 祐/中央大学杉並高等学校国語科教諭
専門分野 国語教育、近現代文学

 中央大学杉並高等学校(以下、本校)で卒業論文指導を始めてから2017年度でついに14年目を迎えました。この実践についてはすでに2回、CHUO-ONLINEにて拙稿を掲載しています。
高校生のための論文アウトラインの作り方―付箋で「探究マップ」―(2015年6月)
高校生の卒業論文作成~問う力、推論する力を育む~(2010年8月)

(1月23日)

全文を読む

  • 中央大学 公式サイト
  • 中央大学について
  • 教養番組 知の回廊
  • twitter
  • Facebook

[広告]企画・制作 読売新聞社広告局