Chuo Online

  • トップ
  • オピニオン
  • 研究
  • 教育
  • 人‐かお
  • RSS
  • ENGLISH

オピニオン

死刑存廃論と終身刑導入論、そのリンクは正しいか

只木 誠/中央大学法学部教授
専門分野 刑事法学

 去る7月6日、そして、それから20日をおいた7月26日に、一連のオウム真理教事件で死刑が確定していた教祖・麻原彰晃こと松本智津夫をはじめあわせて幹部13人の死刑が執行された。このことは、6日の、1日の執行数が7人と1989年の法務省の執行公表以降では最大であったことに加えて、3週間のあいだに13人の死刑執行というその規模も戦後最大級ともいわれ、事件の被害者・関係者のみならず社会に大きな衝撃をもって受け止められた。

(9月13日)

全文を読む

児童虐待防止多機関連携への更なる強化に向けて

中川 深雪/中央大学法科大学院特任教授・派遣検察官
専門分野 刑事法学

 新聞報道によると、全国の児童相談所(児相)が平成28年度に対応した児童虐待件数(速報値)は、12万件超と、調査を開始した平成2年以降連続増加、過去最多を更新している。平成29年度犯罪白書においても、児童虐待に係る事件の検挙数は1041件と平成19年の約3.5倍であり、とりわけ暴行事件が著しく増えている。刑法犯の認知件数は,平成14年をピークに減少しており、平成28年は99万6,120件と戦後初めて100万件を下回っていることと対比すると、児童虐待事件数の増加は極めて顕著である。

(7月19日)

全文を読む

研究

決済通貨と為替パススルーの研究

吉見 太洋/中央大学経済学部准教授
専門分野 国際金融論

 異なる国の企業が輸出や輸入といった貿易取引を行う際には、様々な契約事項が存在します。何を(取引製品)、どれだけ(取引量)、いくらで(取引額)、などがすぐに思い浮かぶかと思いますが、これらに加えて、何の通貨で支払いを行うか(決済するか)というのも重要な契約事項の一つになっています。この「決済を行う契約通貨」のことを、一般に決済通貨と呼びます。

(9月20日)

全文を読む

超巨大地震サイクル解明に向けた三陸海岸における沖積層・地殻変動研究

丹羽 雄一/中央大学理工学部助教
専門分野 地学、地形学、第四紀学

 2011年に発生した東北地方太平洋沖地震では、東北地方太平洋岸の三陸海岸で最大1m強の沈降が起こった。この地域は2011年以前の数10~100年間に関しても沈降傾向であったことが測地観測記録から知られている。一方で、三陸海岸にはかつて浅い海であった場所が隆起してつくられた海成段丘が分布していると従来から指摘され、過去10万~数10万年間では隆起傾向であると言われてきた。

(8月23日)

全文を読む

人‐かお

紛争解決型弁護士から紛争予防型弁護士へ
~相続で苦しめられる人を0に~

伊勢田 篤史さん/弁護士・公認会計士

 弁護士になる前は、公認会計士として、主に会計監査業務を担当していました。傍から見れば、大学在学中の最年少公認会計士試験合格から大手監査法人勤務と、恵まれたキャリアではありましたが、心の中では、その後のキャリアについてとても悩んでいました。結局、考えに考え抜いた結果、高校生のときからの「弁護士になりたい」という夢をかなえるため、中央大学法科大学院に進学することにしました。

(9月6日)

全文を読む

教育

「探究マップ」で論証を組み立てる
――俯瞰とメタ認知でAI時代を乗り越えよ――

齋藤 祐/中央大学杉並高等学校国語科教諭
専門分野 国語教育、近現代文学

 中央大学杉並高等学校(以下、本校)で卒業論文指導を始めてから2017年度でついに14年目を迎えました。この実践についてはすでに2回、CHUO-ONLINEにて拙稿を掲載しています。
高校生のための論文アウトラインの作り方―付箋で「探究マップ」―(2015年6月)
高校生の卒業論文作成~問う力、推論する力を育む~(2010年8月)

(1月23日)

全文を読む

  • 中央大学 公式サイト
  • 中央大学について
  • 教養番組 知の回廊
  • twitter
  • Facebook

[広告]企画・制作 読売新聞社広告局